宮廷犬と暮らす、ボクの庭

先祖は宮廷犬!?シーズーゆきちとシュナ×プードルたいすけのデコボコ日常生活
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ もうすぐ誕生日TOPゆきちの事 ≫ もうすぐ誕生日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もうすぐ誕生日

il-plants4.gif

もうすぐ諭吉の12回目のお誕生日
お陰さまで、今年も何とか無事に迎えられそうです。

その前に…
少しだけ諭吉のこの一年を綴っておこうと思います。

ブログにアップする時は
逝ってしまってからと思っていましたが、

彼の頑張りを少しでも知っててもらってもいいかなと
今、やっと思える心境になったので綴っておこうと思います。



28815.jpg



上は2010年5月の健康診断の結果
下は2012年4月の健康診断の結果です。

そして、2012年4月時のくわしい血液検査の結果が次の写真になります。


2112401.jpg


現在は、この頃よりいく分か良好な状態に戻ってはいますが
見ての通り 肝臓 腎臓 心臓

主要な臓器がかなりのダメージを受けた状態です。
そして、お気付きかもしれませんが肝臓 腎臓は一度弱ると
人間同様に完治は難しい病気です。


心臓の方は、憎房弁閉鎖不全症 グレード5に対してステージ3です。

そして、お腹の気になる病名は…
お腹の中に悪いものがある…って事だけでお許し願えますか?


諭吉2


引っ越しの後、探しても探しても見つからず諦めかけていた
諭吉のパピー時の写真が出て来ました。

この頃からもう12年も経つんですね~

12年も一緒にいれば家族同然です。もちろん、あれこれ助ける手立ても考え
病院もいろいろな所で診て頂きましたが、その度に聞かされる言葉は

今年の誕生日は迎えられないかも…でした

10歳が過ぎた頃には、家族で覚悟を決めていたことですが、
その事が急に現実となって目の前にやって来ると…やはりショックでした。



諭吉とわか3


長女ちゃん2歳0か月 諭吉3か月
やんちゃな諭吉にいつも泣かされていた長女ちゃん
靴下や紙パンツをよくひっぱり脱がされていました(笑)

諭吉と共に育った子供たち

彼らも交え今後の事を話し合いました。
検査するにも手術するにも麻酔が必要なのですが、
心臓に病気があるのと高齢という事で麻酔をかけた時点で生きて帰ってくる確率は
分からないとの事、手術すればその後長期の入院となる事
手術して3年以上の生存は保障できかねないとの事…

5月に少しブログをお休みさせて頂きましたが
看病や病院通い そして、今後をゆっくり考える時間として頂きました。


29129.jpg


子供たちと意見が分かれるかなぁっと思いましたが
以外に早く諭吉の今後の方針は決まりました。
長年一緒に暮らしてきたから思いは一緒ですね

投薬治療で出てきた症状に対しての治療のみ行う

これが我が家の諭吉へ対しての精一杯のありがとうの気持ちです。
どうせ身体を切っても治らないかもしれないなら切らない・痛い・怖い思いをさせない
目も見えず耳も遠い諭吉を病院の檻に入れたくない・寂しい思いをさせない
何よりも、諭吉らしく逝かせてやりたい

諭吉らしく、これが出来るのは我が家ででしか出来ない事です。

今更ですがブログに闘病を綴らなかったのは、諭吉らしくに反するかなと思ったり
(きっと、弱い自分を見せたくないはず)

文才の無い私が闘病を綴ってもうまく書けず
何かの拍子でこのブログを見つけた同じ病気の飼い主さんに
間違って絶望感や嫌悪感を与えかねない…と思ったので綴る事はしませんでした。


291211.jpg


よっちん家の諭吉へのケア
これを 酷い飼い主だと思われる方もいらっしゃるかとも思います。
出来ることを色々とやったらいいじゃないと思われるかとも思います。
でも、もう一緒にいれる時間は元気でも後わずかなんです…

余命半年ほどと言われ今に至るまでには短い入院も何度か経験し
何度となく薬を変えてみたりサプリメントを探してきたりと奮闘しています。

無理に切らず体力を温存したのが良かったのか?
今は合う薬が見つかり ご存知のようにブログにも顔が出せるようになっています。
季節の変わり目や今年の猛暑に死線を彷徨ったりもしましたが、
もう一人の家族にも励まされビックリするぐらい頑張っております。

最近の様子は、よっちんが呆れるほどです…


2102933.jpg


俺様 諭吉

気ままに長生き目指しておりますので
この記事でいろいろとご心配・内緒にしていたお叱りを頂くかとも思いますが
今後とも知る前と同じように長寿応援また可愛がってやって頂けると幸いです。

はあああ…やっと言えた (泣)胸の痞えが取れました。
今年は諭吉の介護もあったので、なかなかブログ更新が出来ませんでしたが
辛抱強くお付き合い下さったお友達の皆さんありがとうございました。

たわいのないコメントのやり取り、忙しくても時折のぞいてくれるお友達のコメントが
よっちんの折れそうになる心をどんなに支えてくれたか…
ブログやってて良かったぁ~って本当に心底感じました。


きっと、しんみりさせちゃったと思いますが
よっちん家一同 諭吉のケアにも慣れ今は心身ともに落ち着いています。
時の流れは止められません いつか来る日がそろそろなんです
その日がいつかは分かりませんが、これから一緒に見守ってやって下さると嬉しいです。





スポンサーサイト
ゆきちの事 | Comments(14) | Trackbacks(-)

Comment

こんにちは♪
諭吉くんもうすぐ12歳のお誕生日を迎えるんですね。

少し早いけれどおめでとうございます。
諭吉くんおめでとう。

本当に頑張っていますよね諭吉くん。
病気を抱えたわんこは特にそう思えてなりません。

ひとつの臓器が弱ると次から次へと他の臓器まで悪くなり
悪循環です。
ひまわりもそうですが、全ての内臓にまで及ぼし
その為にいろいろな病気を発症するハメになってしまいます。

ブログには書いていませんが
4~5日前からまた発症しましてぐったりと動かないままです。
ワクチン接種も何もできないでいます。

今のよっちんさんのお気持ちとてもよく分かる気がしています。
ひまわりも余命を知らされた時は本当に驚きました。

でも、何とかできる限りのことをしてあげるしかないと心し
今に至っています。

わんこは特に手術をすべきではないと言われますように
小さい体ゆえ免疫も落ちてしまい何と言ってもお薬の副作用など
逆に発病を重ねることにもなりかねませんよね。

諭吉くんの今があるのもよっちんさん始めご家族の方たちの
温かい看病があったからこそと思います。
そして何よりも諭吉くんの生命力と頑張るという気持ちだと。

これから先、決して楽しい時間ばかりではないかと思いますが
それでも諭吉くんと楽しいお時間を過ごして欲しいって思います。

ごはんは食べられてるのかな?
天然くず粉をお湯で錬ってあげると栄養となります。
小豆を柔らかく煮て(市販の水煮の小豆でもいいです)昆布としいたけのだし汁で
かぼちゃと一緒に煮てあげるととてもいいです。
免疫アップにももってこいの食べ物です。
玄米を柔らかく煮ておかゆ状にし、更にクリーム状まで寝ると
これもとてもいい栄養素になります。

少しでも元気でいて欲しいって心から願っています。
近くだったらと思うのですがごめんなさいね。

私で何かお役に立てることがあったならいつでも言ってね。
何もできない私だけど聞いてあげることくらいできると思います。

2012.11.24Sat 15:07 ≫ 編集
No title
よっちん あなたはスゴイよ。
これぞ良き日本の母代表だよ。
よく耐えたね  よく頑張ってきたね。
5月のお休みにそんな過酷なことがあっただなんて微塵も見せず。

あんね。
少なからずともよっちんとやりとりしてるここのブログの友達で酷い飼い主だなんて思うひとはいないよ!
いろんなことを調べたり探したり試してみたり藁にもすがる思いで過ごしてきたこと、
みんなわかるよ。

そして文才はあるけど、他の方々に気にかける優しいよっちんだっていうことも知ってるよ。

そりゃ、ひとそれぞれだろうけどさ。
でも私もこの先同じようなことで同じような答えしか返ってこないなら
私も同じ選択をすると思う。
どんなことにせよ寿命伸ばせばいいってことではないと思うから。

時には 奇跡を心から願いたい!!!

よっちんが明るくブログしてる時はこっちも明るく答えるね♪
でもさ・・・よっちん。
ときには母もなんもか殴り捨てて、
ひとりのよっちんとして弱音吐きたいときに使ってと思うよ。
でもブログではって思うなら私個人にぶつけてちょーネ!
2012.11.24Sat 15:26 ≫ 編集
No title
よっちんさん 諭吉くん 退助くん こんばんはv-354

今回の記事を読んで、涙が出ちゃいました・・・

ごめんなさいねv-356 ジュリloveが泣いてちゃいけないのに・・・

思わず今のジュリの前にいたコのことと重なってしまって・・・

今年になってから、そんなに大変な思いをしていたのに

全然それを感じさせなかったよっちんさんの思い

誰も酷な飼い主だなんて思う人はいませんよ

諭吉くんのことを一番思ってのことですし

諭吉くんも家族のみんなとは離れたくないですよ

穏やかなお顔をしている諭吉くんを見たら分かります

残された日を思い残すことなく過ごされることがとっても大切ですよね

あ~今も涙が出ちゃいますわ~

誰もが必ず迎える日・・・

よっちんさんご一家で気持ちをひとつに・・・

遅くなりましたがv-363

諭吉くん 少し早いけど お誕生日おめでとうございますv-344
2012.11.24Sat 19:08 ≫ 編集
No title
こんばんは

よっちんさんはいつも明るいので、全然わからなかったのですが
ゆきちくん、大変だったんですね。
よっちんさんご一家の辛さや苦しさは、諭吉くんのご家族しかわからないと思います。

でもご家族で出した諭吉くんの治療に対する決断は絶対に間違っていないし、誰も非難なんて出来ないものです。

ちょっぴり長くなりますが我が家のここあの先輩わんこのお話をさせてください。

ここあの先輩わんこの「蘭」は10歳を過ぎたころに心臓が良くないという事が判明しました。
時々血圧が上がってめまいや、鼻血を出したりしました。
その時、その時で症状をおさえる薬で治療しました。
やはり年齢が高かったので手術は考えませんでした。
14歳を過ぎたころから腹水が溜まるようになり、利尿剤を使う事になりましたが、私が仕事をしていたので、一日2回使うべき利尿剤を1回しか使えませんでした。(外でしかおしっこをしないワンコだったので)
本当に別れは突然に来て、さっきまで元気だったのに・・・という感じでした。
先生にはいつどうなってもおかしくないと言われていたので、覚悟だけはしていたのですが、本当に突然でした。
その時入院させるか、連れて帰るかの選択で、我が家は家に連れて帰る方を選びました。
よっちんさんと同じです。病院でひとりで逝かせてしまうなんて絶対に出来ないと思いました。
次の日の朝、家族みんなで蘭を送る事ができました。
「あの時、もっと利尿剤を使っていれば・・・とか入院させていれば」と少し思ってしまいましたが、最期はみんなで送ると決めていたので、安心した事も事実です。
だから・・・どれが最善なんて家族しか決められない事だと思います。

長々とごめんなさい。

でもご家族みなさんで話し合って決めた事、ゆきちくんは絶対幸せですよ~

もうすぐお誕生日、プレゼント贈らせてね。
諭吉くん、皆がついているからね~
いつものようにマイペース、マイペースでね。
2012.11.25Sun 00:52 ≫ 編集
No title
よっちんさん、こんばんは。
お叱りなんて、だ~れも責めないよ~。
むしろ、本当によく頑張ったよね。
黙ってるのって一番つらいことだから…。
本当に全然気付きませんでした。ごめんね。

読んでて、ちょっと泣いちゃったけど
諭吉君に一番いいこれからを、
家族できちんと話し合われてるって読んで
嬉しかったです。
しかもみんなのきもちが一緒だったって
余計嬉しいですね。

高齢のわんこに辛い治療や手術は私もさせないと思います。
何より麻酔が怖いっていうのはよく聞きますし…。
きっと今の治療法が諭吉君にも合ってるんですよね。
諭吉君にもきっとみんなの思いが伝わってると思います。

よっちんさんこそ、無理されませんよう
お体いたわりながら、看病頑張ってくださいね。
一番頼りになるよっちんさんが倒れたら
諭吉君が一番悲しいだろうから。
辛い時は、ブログで吐き出して下さいね。
お役には立てないでしょうが、しっかり聞きますよ。
2012.11.25Sun 21:16 ≫ 編集
みくまなさんへ
こんばんは

しんみりしちゃう記事なのに
コメントを頂きまして有難うございます。

大丈夫、大丈夫(^^)
もう、凹んでなんていませんよ
それに心の準備も出来ていたので来たか~って感じだったんです。
なので事をあまり複雑に考えていないというか
先住犬だったワンが壮絶介護だったので今回は楽です。
ただ、ブログをして行く上でこれ以上黙っておくのは
難しくなってきたので書かせて頂きました。
黙っててごめんなさい(>_<)偉くなんてちっともないんですよ

今はあの時間はウソだったの?ってくらい落ち着いています。
病院の機械がおかしかったのかしら??(笑)
今後の治療について選択肢をいくつか病院から頂きましたが
子供たちの意見が一番気になりました。
でも、よっちんと答えが一緒だった事は嬉しかったですね

子供たちも一生懸命諭吉のケアを手伝ってくれてます。
ありがとうね~大丈夫だよ
あまり心配しないように(^^)してね。あと4・5年は生きる気満々ですから
その後とか聞いて下されば答えます。
むしろ老後の参考に聞いて下さると嬉しいです(個人的にね)
2012.11.27Tue 00:01 ≫ 編集
かたんさんへ
こんばんは

諭吉へのお誕生日メッセージ有難うございました。
また、励ましのメッセージまだ頂いてとても嬉しかったです。

ひまわりちゃん、ここの所ご容体が思わしくないのですね
さぞやご心配の事と思います。
諭吉も病気の体ではありますが12年もの月日を過ごす事が出来ました。
まだまだ若いひまわりちゃんです。
きっときっと元気になり、かたんさんとの時間を沢山過ごせると信じております。

今回お教え頂いたレシピは
大変役立ちそうでとても有難いです。
今、一日のうちで食事が一番楽しみな諭吉には何よりのプレゼントです。

気力も足腰も弱りましたが、一時よりかなり容体は持ち直したように思います。
この調子で13年目のお誕生日もお祝いしてもらおうねって諭吉と話していますので
来年もお祝いメッセージをヨロシクお願いしますね♪
2012.11.27Tue 22:47 ≫ 編集
ジュリままさんへ
こんばんは

諭吉への励ましメッセージを有難うございました。
ジュリままさん泣かせちゃってゴメンネ、黙っててゴメンネ
気落ちはしましたが、覚悟は出来ていたので大丈夫。
よっちん、元気なんですよ(^^)

ジュリちゃんの前にお家にいた子も病気だったのかな?
看病やお別れは辛いですよね。
きっと失っってから辛さはやって来るのでしょうね…怖いけどこれも運命と受け止めます。

幸い最近ではお薬が体に合い良く効いている様なんです。
トイレに歩いて行けるようにもなったので、介護も少し楽になりました。
食事も完全手作りにしたところ食欲も戻りつつあります。
検査結果間は違ってたのかな?って…これなら13歳のお誕生日も大丈夫かも(苦笑)とか
諭吉と話してるんですよ。

諭吉へのお誕生日メッセージを有難うございました。
ぜひまた、13歳のお誕生日にもメッセージを頂けるよう頑張るのでヨロシクね。

2012.11.27Tue 23:09 ≫ 編集
まちゅさんへ
こんばんは

心臓の方は一年ほど前から悪く、投薬を始めようかの矢先の出来事だったんです。
10歳を過ぎたあたりから覚悟は出来ていたので気落ちはしましたが、まちゅさんや
皆さんに助けられて普通に過ごす事が出来ました。
本当にありがとうございます(^^)

蘭ちゃんのお話とても有難く拝見しました。
まちゅさんは精一杯看病されたんですね 今のよっちんには良く分かります。
最善が家族しか決められないと言っていただけて肩の力が抜けました。
諭吉への決断が最善だったと言えるように、その日まで一日一日を大切に過ごしたいと
思います。

今の諭吉ですが、体に合う薬が見つかり良く効いている様でトイレにも行ける様になりました。
食事も手作りにしたら食欲が出てきたようで容態もいいようです。

先日は、退助やよっちんにまで沢山のプレゼントを有難うございました。
このうえ諭吉にまで頂いちゃっていいのかしら(^^)
申し訳ないと思いつつ、諭吉は北国から届く匂いが好きみたいなのでヨロシクお願いします。
2012.11.27Tue 23:48 ≫ 編集
くーままさんへ
こんばんは

黙っててごめんなさいね
本当は言うつもりなかったんですが頑張ってお誕生日を迎えたので
皆さんに褒めて頂きたくなったんです(^^)
時の流れです、誰にも止めたり変えたり出来ませんね
ワンコと暮らすなら誰しもが通る道と覚悟していたので少し気落ちはしましたが
くーままさんや皆さんに助けて頂きました。 有難うございます

諭吉の治療について同じように思っていただけて
何だか肩の荷が軽くなったような気がします。
良かったのか悪かったのかはまだ、何とも言えませんが良かったと言えるように
一日一日を大切に過ごしたいと思います(^^)

無理にMRI検査や手術をしなかったので体力が温存できたようです 今は体に合う薬が効き
トイレにも歩いて行けるように回復したので介護も楽になりました。
年を取ってていい事も(^^)若い子より進行が遅い様でちょっぴり嬉しかったです。
辛くなったらブログへ吐き出してのお言葉もとても嬉しかったです
はい、やります♪これからは気兼ねなく♪ 辛くなるのはきっとこれから何だと思いますが
家族で分担してケアをしているのできっと大丈夫だと思います。
心配して、くーままさんこそ倒れないでね~

2012.11.28Wed 00:22 ≫ 編集
よっちんさん おはようございます。

諭吉君誕生日おめでとうございます。v-254

最近諭吉君が登場しないので
だいぶ調子が悪いのかな?と思っていましたが。。。
でも調子がよくないながらも元気にしている諭吉君
が見れてほっとしました。
寝顔がかわゆいですね。

ラッキーも前立腺が大きいので去勢手術した方がいいと言われて
いますが、投薬のみにしています。
だからよっちんさんの気持ちわかります。

毎日みんなと一緒にいられる時間を大事に
丁寧にしていきたいですね。v-252







2012.11.28Wed 11:01 ≫ 編集
No title
よっちんさんご一家の選択は、間違ってないです。
人間だって、延命治療を受けたくないという人も
いるくらいですから。
延命治療をするか、尊厳死を選ぶかは、
永遠のテーマだと思いますが、延命治療で
家族の負担が増えるなら、尊厳死の方が
良いと私は思います。

家族に見守られ、諭吉君らしく最後は
って、まだまだ虹の橋を渡るのは、早いよ~
だって諭吉君は、大御所諭吉大先生だから
シーちゃんママより
2012.11.29Thu 21:55 ≫ 編集
むうみんさん こんにちは(^^)
コメントのお返しに時間が掛かりごめんなさい。

先日無事に誕生日を迎える事が出来ました。
心配下さったようで有難うございます。
ボチボチですが元気になっているようですよ~

ラッキーくんもお薬飲んでいるんですね
きっと大変だと思いますがラッキーくんの事を一番分かっている
むうみんさんご夫婦の判断に間違いないと思います。
お互いに頑張りましょうね。
2012.12.23Sun 10:33 ≫ 編集
シーちゃんママさん こんにちは
長い間お気を使わせてしまいごめんなさい(>_<)
やっと公開して気持ちが落ち着きました。
本当にこの問題は永遠のテーマですよね。でも、
たくさん励まして頂けたのですぐに心が決まったんですよ
有難うございました。

今後はどうなって行くのか分かりませんが
最後まで諭吉らしく過ごせるよう努めて行きたいと思います。
これからも諭吉の応援団長さんヨロシクね~
2012.12.23Sun 10:49 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。