宮廷犬と暮らす、ボクの庭

先祖は宮廷犬!?シーズーゆきちとシュナ×プードルたいすけのデコボコ日常生活
2012年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年11月
ARCHIVE ≫ 2012年11月

≪ 前月 |  2012年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もうすぐ誕生日

il-plants4.gif

もうすぐ諭吉の12回目のお誕生日
お陰さまで、今年も何とか無事に迎えられそうです。

その前に…
少しだけ諭吉のこの一年を綴っておこうと思います。

ブログにアップする時は
逝ってしまってからと思っていましたが、

彼の頑張りを少しでも知っててもらってもいいかなと
今、やっと思える心境になったので綴っておこうと思います。



28815.jpg



上は2010年5月の健康診断の結果
下は2012年4月の健康診断の結果です。

そして、2012年4月時のくわしい血液検査の結果が次の写真になります。


2112401.jpg


現在は、この頃よりいく分か良好な状態に戻ってはいますが
見ての通り 肝臓 腎臓 心臓

主要な臓器がかなりのダメージを受けた状態です。
そして、お気付きかもしれませんが肝臓 腎臓は一度弱ると
人間同様に完治は難しい病気です。


心臓の方は、憎房弁閉鎖不全症 グレード5に対してステージ3です。

そして、お腹の気になる病名は…
お腹の中に悪いものがある…って事だけでお許し願えますか?


諭吉2


引っ越しの後、探しても探しても見つからず諦めかけていた
諭吉のパピー時の写真が出て来ました。

この頃からもう12年も経つんですね~

12年も一緒にいれば家族同然です。もちろん、あれこれ助ける手立ても考え
病院もいろいろな所で診て頂きましたが、その度に聞かされる言葉は

今年の誕生日は迎えられないかも…でした

10歳が過ぎた頃には、家族で覚悟を決めていたことですが、
その事が急に現実となって目の前にやって来ると…やはりショックでした。



諭吉とわか3


長女ちゃん2歳0か月 諭吉3か月
やんちゃな諭吉にいつも泣かされていた長女ちゃん
靴下や紙パンツをよくひっぱり脱がされていました(笑)

諭吉と共に育った子供たち

彼らも交え今後の事を話し合いました。
検査するにも手術するにも麻酔が必要なのですが、
心臓に病気があるのと高齢という事で麻酔をかけた時点で生きて帰ってくる確率は
分からないとの事、手術すればその後長期の入院となる事
手術して3年以上の生存は保障できかねないとの事…

5月に少しブログをお休みさせて頂きましたが
看病や病院通い そして、今後をゆっくり考える時間として頂きました。


29129.jpg


子供たちと意見が分かれるかなぁっと思いましたが
以外に早く諭吉の今後の方針は決まりました。
長年一緒に暮らしてきたから思いは一緒ですね

投薬治療で出てきた症状に対しての治療のみ行う

これが我が家の諭吉へ対しての精一杯のありがとうの気持ちです。
どうせ身体を切っても治らないかもしれないなら切らない・痛い・怖い思いをさせない
目も見えず耳も遠い諭吉を病院の檻に入れたくない・寂しい思いをさせない
何よりも、諭吉らしく逝かせてやりたい

諭吉らしく、これが出来るのは我が家ででしか出来ない事です。

今更ですがブログに闘病を綴らなかったのは、諭吉らしくに反するかなと思ったり
(きっと、弱い自分を見せたくないはず)

文才の無い私が闘病を綴ってもうまく書けず
何かの拍子でこのブログを見つけた同じ病気の飼い主さんに
間違って絶望感や嫌悪感を与えかねない…と思ったので綴る事はしませんでした。


291211.jpg


よっちん家の諭吉へのケア
これを 酷い飼い主だと思われる方もいらっしゃるかとも思います。
出来ることを色々とやったらいいじゃないと思われるかとも思います。
でも、もう一緒にいれる時間は元気でも後わずかなんです…

余命半年ほどと言われ今に至るまでには短い入院も何度か経験し
何度となく薬を変えてみたりサプリメントを探してきたりと奮闘しています。

無理に切らず体力を温存したのが良かったのか?
今は合う薬が見つかり ご存知のようにブログにも顔が出せるようになっています。
季節の変わり目や今年の猛暑に死線を彷徨ったりもしましたが、
もう一人の家族にも励まされビックリするぐらい頑張っております。

最近の様子は、よっちんが呆れるほどです…


2102933.jpg


俺様 諭吉

気ままに長生き目指しておりますので
この記事でいろいろとご心配・内緒にしていたお叱りを頂くかとも思いますが
今後とも知る前と同じように長寿応援また可愛がってやって頂けると幸いです。

はあああ…やっと言えた (泣)胸の痞えが取れました。
今年は諭吉の介護もあったので、なかなかブログ更新が出来ませんでしたが
辛抱強くお付き合い下さったお友達の皆さんありがとうございました。

たわいのないコメントのやり取り、忙しくても時折のぞいてくれるお友達のコメントが
よっちんの折れそうになる心をどんなに支えてくれたか…
ブログやってて良かったぁ~って本当に心底感じました。


きっと、しんみりさせちゃったと思いますが
よっちん家一同 諭吉のケアにも慣れ今は心身ともに落ち着いています。
時の流れは止められません いつか来る日がそろそろなんです
その日がいつかは分かりませんが、これから一緒に見守ってやって下さると嬉しいです。





ゆきちの事 | Comments(14) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。